マリーナベイサンズを眺めるなら。ザ・リッツカールトン・ミレニア・シンガポール 宿泊体験記!

スポンサーリンク

ザ・リッツカールトン・ミレニア・>シンガポール 宿泊体験記

マリーナベイサンズをチェックアウトして、ガーデンバイザベイに遊びに行った後、荷物を受けとって、近くのリッツカールトンミレニアに向かう。

今回は楽天トラベルにてクラブデラックス カランを予約。

はっきり言います!マリーナベイサンズとベイエリアを眺めながら、引きこもりたいなら、優雅な時間をたのしみたいなら、激おすすめです!夜景もパーフェクトですよ!

では行ってみましょう!

f:id:tacoon555:20180203145136j:image:w360,h480

右側の幅が細い正面が正方形っぽい建物が、ザ・リッツカールトン・ミレニア。パンパシフィック、マンダリンオリエンタルと5つ星ホテルが立ち並ぶマリーナエリアにあります。

f:id:tacoon555:20180203145113j:image:w480,h360

マリーナベイサンズから歩いても行けますが、時期にもよりけりですが、11月初旬のこの日は蒸し暑かったです。MRTで行くのもよいでしょう。

MRTの場合は、ベイフロント駅からCircle Line でエスプレナード駅まで1駅です。

緑に囲まれていて入り口がわかりづらいですが、下記の箇所になります。

マリーナベイサンズからだと歩いて橋を渡って左折。

今回はベイフロントアベニューを通っていきましたが、

正直、マリーナベイサンズのモールから地図の点線部分「Helix Bridge」を渡って向かったほうが、楽!と思う。

f:id:tacoon555:20180114112320j:plain

左折して少し歩くとザ・リッツカールトン・ミレニアのコレが見えてくる。

f:id:tacoon555:20180203145103j:image:w360,h480

MRTで行く場合はエスプレナード駅で降りて、ショッピングモールを通って、道路に出てまっすぐいったところをエレベーターで上がるとホテル内の日本食レストラン「白石」の近くから入れます。ちょっとわかりづらいですけどね。

中に入るとシブい外観とは打って変わってオサレなデザイン。それもそのはず、 建築界のノーベル賞、プリツカー賞を受賞した建築家ケヴィン・ローチの設計なのです。

日本だと汐留シティセンターの設計をされています。

f:id:tacoon555:20180203145051j:image:w360,h480

エントランスは坂を上ったところにあるので、レセプションは建物の構造的には 3 階になります。

ロビーは総大理石でゴージャスかつ、落ち着く空間でした。

一応チェックインは15時からだったのですが、クラブラウンジで、冷えたビールを飲んでいると、コンシェルジュがテーブルに来て、30 階のお部屋の準備ができました。と。13過ぎにはできました。

すばらしい!

また滞在中、思ったのが、リッツカールトンのホテルマンの方々は、よくトレーニングされており、こちらがとても心地よく過ごせるよう一つ一つの対応、気遣いをされていて、滞在の体験が素晴らしかったです。

部屋からの眺め

無事、アーリーチェックインできて、部屋に入ると、ハイコレ!ドン

f:id:tacoon555:20180203145040j:image

部屋の前面がマリーナベイサンズとシェントンウェイエリアが一望できます!いやぁーあがるわー!

もちろん、お風呂からもマリーナベイサンズ見える。やばし!

f:id:tacoon555:20180203150637j:image:w360,h480

シェントンウェイエリアも一望できます。目の前に何も遮るものがないという景観が安らぎを与えてくれます。

f:id:tacoon555:20180203150622j:image:w360,h480

アメニティは英国王室御用達、「アスプレイ」です。

f:id:tacoon555:20180203150612j:image:w360,h480

ベッド

f:id:tacoon555:20180203150607j:image:w600,h360

そしてウェルカムフルーツ

f:id:tacoon555:20180203150602j:image:w600,h360

クラブルームのラインナップ

クラブルームを予約したので、下記スケジュールで食事や飲み物を楽しめます。

07:00 – 11:00 ブレークファスト

11:30 – 14:00 軽食

14:30 – 16:30 アフタヌーンティー

17:00 – 20:00 オードブルおよびカクテル

20:30 – 22:30 デザートおよびアルコール

そういうわけで、32 階のクラブルームに行ってみました。

f:id:tacoon555:20180203151148j:image:w360,h480

ここで好きなものセレクト

f:id:tacoon555:20180203151137j:image:w360,h480

マリーナベイエリアを見ながら、アフタヌーンティー

f:id:tacoon555:20180203151127j:image:w360,h480

f:id:tacoon555:20180203151119j:image:w360,h480

こちらはプール

f:id:tacoon555:20180203151109j:image:w360,h480

熱帯雨林をイメージしてかホテル内からプールを見ると、雨が降っているように見えるデザインになってます。

f:id:tacoon555:20180203152115j:image:w360,h480

部屋に戻り、ゆっくりしていると、本物のスコールが来ました。

結構激しい雨だったので、マリーナベイサンズのプールは今、使えないんだろうなってぼんやりと思いを馳せながらw

f:id:tacoon555:20180203152103j:image:w360,h480

結局、雨は夜になってもやまず、マリーナベイサンズの噴水ショーは、リッツカールトンから見ることに。

f:id:tacoon555:20180203152054j:image:w360,h480

※ちょっとわかりづらいけどショーの最中の赤系のライトアップ

f:id:tacoon555:20180203152044j:image:w360,h480

音は全く聞こえないですが、マリーナベイサンズ自体もショーとともにライトアップが変わることを全体の空間ノショーとして俯瞰して見ることができます。マリーナベイサンズの前で見てたら、建物のライトアップは死角なので見えないと思います。

音も全体の空間演出を楽しむなら対岸のマーライオンなのかも?行ってないので、わからないですが。

ディナータイムのクラブラウンジ。シンガポールラクサを作ってもらいました。結構おいしかったです。今回、ローカルの有名ラクサは食べに行けませんでしたが、満足。

※ブレークファストとディナーはホットミールを料理してもらえます。毎日メニューは変わるそうです。

f:id:tacoon555:20180203153223j:image:w600,h360

セレクトしてみました。どれもおいしかったですが、小鉢が特に美味しかったですね。

f:id:tacoon555:20180203153218j:image:w600,h360

お風呂からの夜景!

f:id:tacoon555:20180203153208j:image:w360,h600

マリーナベイサンズ!

f:id:tacoon555:20180203153158j:image:w360,h480

デザートタイム

f:id:tacoon555:20180203153130j:image:w360,h480

自分はおなかいっぱいだったので、ウイスキーのロックを飲んでました。アルコールも充実してました。

ブラインドを下さなければ、これ見ながら寝れます♪

f:id:tacoon555:20180203153845j:image:w480,h360

朝はフルーツ多めですね。写真は撮ってないですが、パンか中華おかゆ(Congee)系になります。あとチーズ、サラミとか。ホットミールはミックスオムレツとウインナー。

f:id:tacoon555:20180203153832j:image:w360,h480

宿泊費は 1 泊、741 SGDでした。

支払う時、フロントマンに決済はシンガポールドルか、日本円か聞かれますが、シンガポールドルと言ったほうがいいです。ホテルの両替レートで換算されるので、あまり良くないレートで計算されます。

今回のシンガポールはクレジットカードのキッシングで、レートは 84.0335でしたが、ホテルでの決済レートは 86.5573 でした。

※もちろん、カードの引き落とし時期に大きく円安になれば、話は変わりますが。

いかがでしょうか。

リッツカールトンミレニアのクラブルームでマリーナベイサンズ、シェントンウェイ、マーライオンなどを眺めながら優雅なひと時を過ごすのは?

正直、、、コレ、なりおすすめですよ~!!!

このエリアはマーライオン、ガーデンバイザベイ、チャイナタウンも近いので、少し足を延ばせば散策でき、アクセスしやすいと思います。

あと今回は時間がなかったので、利用しなかったですが、このあたり、シェアバイク(乗り捨て可)がブームのようで、MOBIKE、Ofo 等のシェア自転車が散見されました。スマホのアプリにクレジットカード登録で利用できるようなので、シンガポールに行く前にあらかじめ日本で登録しておいて利用するのもありかもと思いました。

シンガポールのチャイナタウン行ったら、マンゴーサゴ!大事なことなので、もう二回言います。 シンガポールのチャイナタウン行ったら、マンゴーサゴ! シンガポールのチャイナタウンの味香園甜品行ったら、マンゴーサゴ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする