寝るためのブツを西川エアー01に買い替えたら、快眠がとまらなくてオススメしたい!

モノ!
スポンサーリンク

最近、引っ越しを期に色々と新しくモノを買って、捨てたんだけど、買ってよかったなーって満足したモノモノを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

西川 エアー 01

これまでベッドのマットレスをフローリングに直置きで設置し、寝ていました。まったく不満はなかったんだけど、だいぶヘタってきてしまったため、新しいマットレスをまた買うか、布団を買うかで迷っていました。

寝具は実際に寝てみないとわからないなぁと言うのが実感としてあって、以前、ロフテーという会社の枕を買った時、枕の中に詰める中材を数種類のパイプや天然素材のそば殻等から選べるのですが、結果的にマッチしたのは、エラスティックパイプでした。

また試し寝しながら中材の量や位置をカスタマイズしてくれるので、高い寝具を買うならやっぱり、試さないとわからないとその時思いました。

寝具は多少高くても、毎日使うものなので、高くてもいいものを買って使うのがいいと思います。何年利用できるかの耐性年と一日あたり価格で割ると1日あたりの価格では実際にはそこまで高くないと思います。

マットレスはいいけど、部屋に設置すると空間への圧迫感がなぁーと思っていて、あと掃除もめんどくさいと思い、布団にするかと思いました。これまた実際に寝てみないとわからないので、日本橋にある東京西川のお店へ寝心地を確認しに行ったのでした。

 

いざ、東京西川のお店へ

お店に入ると目の前にいくつもの種類(ランク)の西川 エアーが並んでおり、エントリーモデルの西川エアー01の寝心地を実際に確認すると、あ、コレいいかもしれないと即、思いました。

固さはレギュラーとハードがあり、両方寝てみたところ、ハードのほうが心地よくしっくりくる感じでした。

お店の人曰く、マジックテープで簡単に折りたたむことができるとのこと。

ネットでの情報では生物学的に筋肉質な男性はハード、筋肉質ではない女性はレギュラーを選ぶと書いてありましたが、連れもハードのほうが合うとのことでハードがと仮で検討。

なので実際に試してみることをオススメします!

2階にある敷布団コーナーでいくつかの種類を試し寝したのですが、全然コレが自分にはよろしくない。再度、1階の西川エアーのコーナーに行き、西川エアー01のハードを試しました。買おうと思いました。西川エアー01が優勝した瞬間でした。

その意味では日本橋にある東京西川のお店は、西川エアーのマットがエントリーモデルからハイエンドモデルまでいろいろとあり、幅広い中から試してみることができて、とても良いと思います。

ちょうどポイントバックと値引きがガッツリ効いていたので、楽天でポチり(購入)ました。

 

西川エアーには専用シーツがあって、コレがお値段なかなかし、躊躇したのですが、最初はよくわからなく正直、他のシーツで代用できるかわからなかったので、購入することにしました。

 

早速寝てみる、初日。

初日ワクワクしながら、西川エアーの上に横になり、寝ることにしました。専用シーツのポリエステル肌触りと低反発に落ち着かず、予想に反して、コレが寝れない!! マジかッ!?

初日はびっくりするほど寝れませんでしたw シーツの肌触りのせいなのか。。。寝不足のまま、出勤しました。。。

 

低反発は慣れない人は慣れないので、購入失敗したかなと思った2日目、びっくりするほど、すんなり寝れました!

熟睡!

またよくこれまで朝方によく目が覚めることがあったのですが、目覚ましのアラームがなるまで、起きることがない!?

熟睡!

まったく起きることがないのです!!

 

相方情報によると以前と比べ、いびきがなくなったとびっくりの副作用の効果あり!!

いままでサーセンでした!

 

体圧の分散と寝姿勢保持という一度寝たら、寝たときの姿勢があまり変わらないという機能が快眠へといざなうのでしょうか。

1ヶ月使って思ったのは買ってよかったてことと、何年持つかわからないですが、使い倒したいなと思いました!!

また買い替えの時期が来たら、西川エアーにしようと思います。

専用シーツは確かにピッタリで良いのですが、以前使っていたセミダブルのマットレス用のシーツでも代用ができたので、無理に買わなくて良いかもしれません。シーツに二の足を踏むようであれば、別のシーツでも良いかと。

寝るときはマットの下にシーツを織り込むので問題なしですが、ただサイズは大きいので3つ折りにした時に明らかに見栄えは悪いですねw 予算に余裕があれば専用シーツを買ったほうがいいと思います。

 

片付けが簡単

畳む時はマジックテープで3つ折り状態にたためるので、簡単におりたたみ、片付けることができます。

朝の忙しい時でも30秒以内に片付けることが可能。ただある程度の大きさはあるので、収納にしまおうと考えてる人は、収納のスペースを割く必要があります。

寝具の購入でベッドかマットレスか、敷布団で迷っていたら、ぜひぜひ候補に検討ください!

現場からは以上で~す!

 

 

ブログ村リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
モノ!
lagmanをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました