東南アジアではタクシーではなく、Grabが便利!!現地SIMを入れて快適に使おう!

スポンサーリンク

どもーこんにちわ。ラグマンです。

以前、マレーシアのペナンでUberを使ってペナン空港に行った際、あまりの安さと便利さに驚愕し、タクシー業界の圧力で未だにこの便利なサービスを享受できない日本のガラパゴス化を憂いたのと、こうやって規制で時代と世界から取り残されていくのだろうなぁ。。。と思ったのですが、現在、Uberは東南アジアからは完全撤退し、Grabの一辺倒になりました。おかげで前より料金割高になったような気がしますが、それでもタクシーぼったくーる委員会が出没する東南アジアのいくつかの国(特にフィリピンのマニラ)ではマストなアプリとして最適です。

Grabはマレーシア人が創業した会社で、現在はシンガポールに本社があります。現在の対応国はマレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、カンボジアで利用可能な模様。

しかし、日本ではサービスが提供されていないので、アプリをインストールしても、クレジットカードの登録ができず、現地でカード情報を登録するしかありません。

※過去にはブラウザから登録ができましたが、現在は登録できないです。

※また JCB は登録できないっぽいです。

今日はそんな現地でクレジットカードの登録したこと使い方と実際にGrabを利用した時の気付きを書いてみたいと思います。

たいてい海外の空港では無料のWi-Fiが飛んでいるので、飛行機から空港に移動すると同時にWi-Fiにアクセスします。フィリピンも前までは簡単にWi-Fi接続できていたのですが、現在はSMSで受信したメッセージに書いてある番号を入力する必要があり、日本のSIMカードを挿入している場合、一時的に機内モードの解除が必要です。

契約しているSIMによっては、データローミングをしてしまう契約もあるので、そこは注意が必要です。契約している回線事業者に海外利用時のデータ通信に関するローミングの確認をしましょう。

私が契約しているmineoのプランは海外データローミングなしの契約なので、問題なかったです。mineoの場合、SMS受信に関しては無料です。

また実際、公衆無線LANに接続し通信を行う際はセキュリティ面でリスクがあるので、VPN接続をすることにしました。

利用したVPNアプリはTunnelBearです。利用はいたって簡単。アプリをインストールして、接続先を自動に選択し、接続のバーをスライドするだけ。月500MBまでの通信料は無料で利用できます。

ではVPN接続をした状態で、早速登録をしましょう。

Grab アプリでクレジットカード情報を登録する手順

  1. Grabのアプリを起動します。
  2. 人型マークをタップして「Grab pay」をタップします。
    1. Grabのクレジットカード登録手順の写真
  3. [ADD CREDIT/DEBIT CARD]をタップします。
    1. Grabのクレジットカード登録手順の写真
  4. クレジットカードの情報を入力します。
    1. カード番号
    2. 有効期限
    3. CVV
  5. [Save]をタップします。
    1. Grabのクレジットカード登録手順の写真
  6. [ADD CARD SUCCESSFUL]が表示されたら、登録完了

以上でクレジットカードの登録完了です。結構簡単と思います。

Grabアプリで配車を依頼する手順

それでは次は Grab を呼びます。

ホーム画面に戻って、[Transport]をタップします。

地図が表示され、GPS により現在地は示されるので、行き先の場所をタップします。ビル名がはっきりしているとピンを立てやすいです。

地図上に配車された車がどこにいるか表示されます。「車のナンバー」と「車種」、「車の色」が表示されます。

Grabの配車の手順の写真

I’m arriving とメッセージが来たのですが、車は見当たません。メッセージを送信しようとしたのですが、悪いことにこのタイミングでWi-Fiの通信速度は低速になり、メッセージが送信できなくなりました。空港の到着ロビーに普段と比べ200%越えの人が何かの待ちでいたので、通信帯域を使い切ってしまったのだと思います。

SMSを送信しようとしましたが、日本のSIMのためか送信はできるも受信ができないという状態で、ドライバーさんと連絡がつきません。空港前のミーティングポイントを歩きながら探すもナンバーが合致する赤い車が見当たらず、時間は10分経過。ちょうどWi-Fiの通信が回復したのとドライバーにも悪いので、キャンセルをし、また配車を依頼しました。今度はグレーのトヨタの車種のようで、あと5分で着くと表示されます。

またピックアップされないと嫌だったので、自分の場所をメッセージで送信しました。ドライバーは簡単な日本語が使えるようで、日本語で「わかった」とメッセージが届きました。

第3ターミナルは屋根を支える巨大な柱が林立しており、 Bay いくつと言った感じで番号がペイントされているので、 Bay 11にいるとメッセージをしたところ、ちゃんと目の前に来てくれました。

マニラの帰宅ラッシュアワーの渋滞は半端なく、なかなか進みませんでしたが、ボニファシオ・グローバル・シティに近づくにつれ、解消され、進み具合は早くなりました。

途中で用事を思い出したので、ボニファシオ・グローバル・シティの中で、途中下車しました。普通はする必要ないですが、こういうこともできるようです。

下車をして、ネットがつながったら、先ほどの Grab のドライバーの評価をするよう通知が来たので、5つ星を上げました。

まとめ

料金は 392ペソ ≒ 784 円でした。

Surge Charges が結構高めなので、帰宅ラッシュ等、利用者が多い時は金額が上がるようですね。

  • Base Fee: 40 ペソ
  • Distance: 144.06ペソ
  • Time: 84 ペソ
  • Surge Charges(需給バランスによる請求): 123.94 ペソ

Grabの配車の手順の写真

やはり何と言っても、行先を告げる必要や道案内をする必要なく、アプリで指定して、何もせずに到着できるというところがとても楽だと思います。

行先を告げて、ドライバーが場所を知らないという従来のタクシーであるようなことがないこと。あとはマニラのタクシーの場合、よくわからない値段を吹っ掛けてきたり、メーターを倒さなかったり、メーターが細工されていたと非常にめんどくさいことが多々あるので(特にマニラ空港からのタクシー)、全く気にせず、ストレスフリーで乗っていられるというのがすごく良いと思います。

また目的地まで着いた後、メールで明細が送信されるので、明朗会計でもあります。あとはかかった金額もPDFとして印刷できるので、領収書としても利用できますね。(会社により規定が異なると思うので、要確認ですが)

今回は現地のSIMを購入せず、空港のWi-Fiのみで Grab を利用しましたが、利用はできるが、通信環境の悪化や、Wi-Fiの電波が届くところから離れられない等、不便なことがわかりました。

結論としてはできなくはないが、少し不便かと。

なので次回利用するときは、空港でSIMを購入して、スマフォの通信でGrabを予約しようと思いました。

東南アジアに旅行した際は、ぜひ Grab を使ってみて、ストレスない移動を体験しましょう!

ではでは~